ファイルメーカー・iPad活用事例:建設業・工務店・建築リフォーム業・土木工事|工事現場の出来高・工事原価管理・現場写真・工事作業日報テンプレート

ファイルメーカー・iPad活用事例:建設業・工務店・土木工事

ファイルメーカー活用事例:建設業・工務店・土木工事

本日はファイルメーカーのWEB講座です。ご依頼者は大阪で建設業・土木工事業を営む会社の社長さんです。

iPadの登場で建設工事・リフォーム工事の現場の情報化が大きく進んでいます。これまで工事の監督者は、工事の進捗確認を行うため、デジカメ、図面、メモ、黒板などの重装備が必要でした。しかし、iPadが登場してからは、これらのツールがiPad 1つの中に収まり、情報を共有するスピードも大幅に向上しています。

ご依頼者は、このようなiPadのメリットに着目し、ファイルメーカーを使って独自の工事原価の管理システムを構築中です。今回、当方でサポートさせて頂く点は下記の通りです。

  • 工事案件ごとの作業履歴の記録機能
  • 作業開始前、作業終了時の工事写真の記録機能追加
  • 工事案件ごとの工事原価、出来高、人工の集計
  • 外出でのデータ記録、および帰社後のデータ同期機能

建設工事業では、1件の受注案件の工期が数ヶ月に及ぶことがあります。このような場合、受注金額に対する工事出来高を適時把握しておかないと、完工後に赤字になることも少なくありません。

今回の工番管理システムでは、工事案件ごとの材料費・人工・経費を工事現場でiPadを使って作業日報に入力し、リアルタイムに工事出来高の計画差異を把握する予定です。

また建設・土木業の工事現場は、無線回線の届きにくい山中になることもあります。そのため今回は、外出先からファイルメーカーサーバーに直接接続するのではなく、iPad側にファイルデータを持ち、帰社後にデータを同期する仕組みを採用する予定です。

工事写真のオブジェクトフィールドを含むデータを同期させるのは、初めての試みなので、十分に検証したいと思います。

限定

建設事業者様 限定特典
ファイルメーカーWEB通信講座または、企業・団体研修研修をお申込み頂いた方に工番管理システムのテンプレートを進呈します!
講座をお申込み頂く際に「ブログを見た」とお伝えください。

WEB講座

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional