有期実習型訓練・キャリアアップ助成金・職業訓練・実践型人材養成・人材開発支援助成金(セルフ・キャリアドッグ)の活用

ファルメーカー有期実習型訓練|キャリアアップ助成金

ファイルメーカー有期実習型訓練カリキュラム

 キャリアアップ助成金を活用すれば、教育訓練に最大で40万円の補助が受けれます。この制度を利用してファイルメーカー講座を受講してみませんか?

 「有期実習型訓練」とは、ジョブ・カードを活用して行う、非正規社員を対象とした、自社の業務に即したOJT(実習)とOff-JT(座学)等を組み合わせた訓練 です。

 訓練期間を通じて訓練生の適性や職業能力を判断できますので、採用時のミスマッチを軽減することができます。また、一定の要件を満たした場合は、 国からの助成金が支給されますので、訓練に要するコストを軽減できます。

有期実習型訓練

補助対象となる経費

キャリアアップ助成金を活用すれば、ファイルメーカー講座の受講料、教材費などについて下記の補助が受けれます。

300時間未満・補助額20万円
300時間以上 600時間未満・補助額30万円
600時間以上・補助額40万円

 キャリアアップ助成金以外にも、実践型人材養成や人材開発支援助成金(セルフ・キャリアドッグ)の制度についても、対応可能です。システム開発者の育成など中核人材の育成に関して、ご相談を承ります。

お申込み方法

 キャリアアップ助成金を利用するには、有期実習型訓練のカリキュラムを作成し、各都道府県に設置された窓口に申請する必要があります。教育訓練のカリキュラム作成についても、ご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional