ファイルメーカー・iPad活用事例:歯科医院・技工所|カルテ管理/写真管理/画像管理/治療履歴管理/予約管理/自費治療管理/レセコン

ファイルメーカー・iPad活用事例:歯科医院・技工所|患者カルテや画像管理システムを自作

ファイルメーカー活用事例|歯科医院・技工所

 本日はFileMakerのオンライン講座で歯科医院さんの患者情報管理システムの構築をお手伝いしています。医療機関からのFileMakerの運用サポートのご依頼は多いのですが、最も多いのは歯科医院からのご依頼です。これまでに数十件の医院のシステム構築をサポートしています。

 今回のオンライン講座は、名古屋で一般歯科・矯正歯科を営む医院長からのご依頼で患者カルテ管理システムの構築しています。

 歯科医院からのご依頼で最も多いのは、口腔内を撮影した写真やレントゲン画像管理のサポート依頼です。患者さんに正しいデンタルケアの知識を身に着けてもらい生活習慣を変えて貰うには、写真や画像を使った説明は欠かせません。

 今回のシステムでは、撮影したCT画像・レントゲン画像・口腔内写真を一元管理し、チェア前に設置した大型モニター(Apple TV)に投影します。具体的な機能は下記の通りです。

  • 患者さんの基本情報の管理。歯科レセコンとの連携
  • 口腔内写真/CTスキャン画像/レントゲン画像の一元管理
  • 治療履歴/通院履歴の管理 定期健診のお知らせハガキの印刷
  • iPadを活用した同意書への手書きサイン機能の構築
  • 歯式チャートの作成及び電子問診表の作成

これまでに歯科医院様からシステムの開発サポートでよくあるご依頼では、以下の通りです。

電子問診票・歯科リスク判定システム

 最も多いご依頼は、iPadを利用した電子問診票システムです。単なる問診記録ではなく、患者さんの生活習慣や現在の口腔内検査の結果を入力することで、虫歯リスクや歯周病リスクを算出し、患者さんへの説明に使えるようにしています。

 また最近のFileMakerは、iPadを使った手書きサインがでます。この機能を使って、治療を開始前の説明や同意書へのサインなどにもiPadを活用される方が多くなっています。

治療履歴/通院履歴の管理 定期健診のお知らせ

 レセコン用カルテとは、別にサブカルテをFileMakerで作りたいという要望も多くあります。目的は治療履歴や通院履歴をFileMakerで管理することで定期健診のハガキや電話案内をアラートでお知らせすることです。

 なお、レセコン用カルテとは、ODBC接続やCSVデータの定期的なインポートによる連携も可能です。また、自費治療のみに特化したサブカルテをFileMakerで作ることも可能です。

学会提出データの作成支援

 電子問診表や治療記録のデータを集計・分析し、学会等での発表に使う資料作成を支援するシステムも構築サポート可能です。

 FileMakerを活用すれば、個人別の統計データに口腔内の写真やCT画像をリンクさせた資料も短時間で作成可能です。


WEB講座

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional