FileMkerServerのクラウド化|EC2(AWS)ホスティング,レンタルサーバーの活用|VPNやポートフォアリングの設定

ファイルメーカー クラウド活用

FileMaker レンタルサーバーの活用サポート

 レンタルサーバーを使ってFileMakerをクラウド化したいというご要望を多く頂いております。FileMakerは、バージョン11からiPadやiPhoneでも使えるようになりました。Filemaker13では「FileMaker Web Direct」の機能も加わり、WEBブラウザ経由のアクセスも便利になりました。
 FileMakerをクラウド化すれば「オフィス」や「自宅」、「外出先」でもデータベースにアクセス可能です。
ファイルメーカークラウド

FileMakerのクラウド化するためのポイント

 FileMakerをクラウド化するには、①ネットワーク環境と②セキュリティの両面からクラウド環境を整備する必要があります。

ポイント検討事項
ネットワーク環境● ホストコンピュータやレンタルサーバーの選定
● ルータの選定、固定IPおよびドメインネームの設定 
● ファイルメーカーサーバー、Adminコンソールの設定
セキュリティ確保● ポートフォワリング、ファイヤーウォールの設定
● IPや端末認証による接続制限
● VPN(IPsec、PPTP、SSL-VPN)の設定

FileMakerのクラウド化をサポート

 主な検討事項は上表の通りですが、ファイルメーカーサーバーをクラウド化するのは、誰しも初めての経験、お一人で悩まれている方も多いようです。「ネットワークが繋がらない」「セキュリティに不安がある」「AWSやGMOクラウドなどを活用したい」「EC2の設定方法がわからない」などFileMakerサーバーのクラウド化にお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。専門の技術者が御社に最適なサーバー環境を提案いたします。

コンサルティングサービス

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional