Mac OS Sierra(10.12)でファイルメーカーランタイムが開けない

Mac OS Sierra(10.12)でファイルメーカーランタイムが開けない

Mac OS10.12 でランタイムを動作させる

Mac OS Sierra(10.12)からセキュリティー(Gatekeeperの機能)が強化されました。この影響により、インターネット上からダウンロードしたランタイムアプリケーションに電子署名がない場合は、「メインファイルが見つかりません」というメッセージが表示されます。

対応方法としては、下記の2つがあります。

対応方法1 メインファイルを手動で指定する

「メインファイルが見つかりません」というメッセージが表示されたあと、拡張子がfmpurのファイルを手動で指定すれば、ランライムを開くことができます。

ただし、この方法の場合、毎回、メインファイルを手動で選択しなければなりません。

対応方法2 ランタイムに署名する

ランタイムとランタイムを格納するdmgに署名をすれば、従来どうりランタイムを開くことができます。ランタイムに署名をする主な手順は、下記のとおりです。

  1. デベロッパーIDを取得し、Xcodeにインストールする
  2. ターミナルを使いランタイムに署名する
  3. ディスクユーティリティを使い、ランタイムをdmgに変換する
  4. dmgファイルの署名をする

以下、署名に必要なサンプルコードを示します。

①署名のためのサンプルスクリプト

ダウンロード開始

②署名の内容を確認するコード

spctl -a -vv /Users/cs/Desktop/Test/test.app

③署名の有効性を確認するコード(acceptedと表示されれば成功)

spctl -a -vv /Users/cs/Desktop/Test/test.app


※電子署名に関して更に詳しい情報が必要な方は、下記のフォームよりご相談ください。

お問合せ

WEB講座

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional